練習日記 2015年9月1日


いよいよ九月に入りまったなしの土俵際という感じです。

今日も第1ステージの順番そのままに、場当たりを兼ねつつ「夜の静けさ」、「パヴァーヌ」。 休憩後の後半は、第2ステージから「ゴンドラの歌」、「待ちぼうけ」、「椰子の実」を練習。

私ごとですが、姉崎は仕事などでなかなか練習開始時間に間に合わないため、今日も「夜の静けさ」を歌えなかったのがとても残念でした。ピアノに頼れないアカペラ。単純でありつつも美しい音の重なり。ハーモニーの広がりを文化センター大ホールの隅々まで届かせるために、バスパートが下からしっかり支えなければ。なんとしてもこの曲でお客様のハートをつかみたい。そう思っています。

そして、演奏会の前半最後の曲になる「鳥が」。姉崎にとっては高校時代に合唱部で歌った思い出の歌。当時の気持ちに戻って大切に歌いたいと思います。

いよいよ残すところ火曜日の練習は2回。練習時間を延長して最後の最後の追い込みに挑みます。


5回の閲覧

最新記事

すべて表示

CIEL東京室内楽団さん「アートにエールを!東京プロジェクト」

この秋、モーツアルトのレクイエムの演奏会にお力添え頂く予定でした、CIEL東京室内楽団さんからのメッセージをご紹介いたします。素晴らしい演奏をどうぞご覧ください! ★★★★★★★★★★★★★★★★★ 東京都芸術文化活動支援事業「アートにエールを!東京プロジェクト」に、CIEL東京室内楽団 が参加しました。 自粛期間中、音楽を通して大切なものを皆様にお伝えすべく思案を重ね、編曲・演奏・撮影・録音・編

  • Twitter Clean
  • w-facebook
  • w-youtube
  • w-flickr