練習日記 2015年10月6日


今週からいよいよ通常練習の再開です。

次回演奏会のプログラムは、これから団員と箕輪先生、小林先生と意見交換しつつ、少しずつ練り上げていくことになりますが、とりあえず、今日はその第一歩ということになります。

箕輪先生の発案で、まずはクライスにとって新しいジャンルである「オペラの合唱曲」に取り組んでいくことになりました。

まずは、いつもの練習開始時間の30分前から、今回楽譜を用意した3曲を含めて、5曲をCDから鑑賞。

カバレリア・ルスティカーナより オレンジの花は香り 道化師より ベル・コーラス トロヴァトーレより アンヴィル・コーラス「朝の光がさしてきた」 ナブッコ 行け我が想いよ、金色の翼に乗って 椿姫 乾杯の歌

今日は、「オレンジの花は香り」と「アンヴィル・コーラス」の2曲を全員で音取りして合わせてみました。

今後は、オペラの合唱曲に引き続き取り組みつつ、その他の曲についても並行して練習していくことになると思います。

また、今日は演奏会を聴いてくださった方が、新しくクライスの仲間に加わりました。うれしいことです。

来年の第九演奏会。そして、その後の第6回演奏会に向けて、さらにクライスの「輪」を広げていきたいと思います。


閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

新宿合唱祭「初夏に歌おう」の写真の注文を取ります、ということで、どれどれと見本を見せていただいて愕然とした。半世紀以上生きてきて何をいまさら感は半端ないのだが、自分は猫背だ。気づいていなかったわけでもないが、ついこの間も、10年越しの付き合いになるセラピストさんから、あらためて何十回目かの指摘をされた。両肩が前に落ちてしまって、首が前に突き出している。歌うことに集中すると、気持ちが前のめりになるの