5月8日(火)の練習日誌


18:50〜21:00 at 赤城生涯学習センター ◆出席=30名/欠席=8名 ◆練習内容 #カルミナ・ブラーナ 第1曲~第22曲 #「かなしみはあたらしい」より「歌っていいですか」 #一詩人の最後の歌 ◆パート練習 男声 「カルミナ」の本番まで残り一ヶ月を切り、練習も佳境に入って参りました。箕輪先生のご指導は毎度ユーモア溢れ笑いが絶えませんが、あらためて、子音の立て方や言葉の伸ばし方、連続する言葉の重ね方、出遅れないように、など細部にわたるご指示を頂き私たちにも熱が入ります。暗譜し指揮を見られると随分表現力が高まりました。 「一詩人」の方も合唱祭まで一ヶ月を切り、仕上げに入っております。お互いよく聴き合い、皆様に伝わる歌となるよう練習に励んでおります。 小林先生のピアノ伴奏はいずれも格好良く、練習時はいつも、都度、適切に音出ししてくださいます。途中の瞬発力のあるアドバイスも気が利いており、お陰様でいつものようにスムーズに練習が進みました。 見学及び入団ご希望の方がいらっしゃいましたら、「団員募集」からお申し込みください。お待ちしております! (いしい)


60回の閲覧
  • Twitter Clean
  • w-facebook
  • w-youtube
  • w-flickr