12月18日(火)練習日誌 〜なんともJazzyな日〜


 左から、ドラムスの則武諒先生、コール・クライス常任指揮者の箕輪健先生、コール・クライス常任ピアニストの小林恵美先生、ベースの笠原本章先生。

 真剣な中にも笑いが絶えません。

◆練習参加者31名、欠席者7名 ◆練習会場:新宿文化センター B1F 展示室 ◆ベース 笠原本章先生、ドラムス 則武諒先生 との初合わせ ◆練習曲目 ラター「for the beauty of the earth」 チルコット「A Little Jazz Mass」全曲 男声合唱 多田武彦:組曲「雨」より第6曲「雨」 「斉太朗節」(宮城県民謡、竹花秀昭編曲) シューベルト「ドイツミサ曲」より 「Zum Sanctus‐Heilig,heilig,heilig」 女声合唱 オルバーン 「ミサ第6番」より第1、第2曲目 ◆ベース笠原先生とドラムス則武先生とのなんとも素敵な初合わせでした♪「A Little JazzMass」が、ピアノ伴奏の小林先生の独自のアレンジと透明感のある凛とした音と共にお洒落なJazzyなムードに。箕輪先生の以前からのJazzのリズムでというご指導も、やっと掴めてきたように思います。貴重な練習ができました。 初対面の先生お二方に、コール・クライスのFirst Impressionを伺いました♪

【笠原本章先生 ベース】 ・混声合唱団は男性を集めるのが大変だと思うのですが、男性が多いのに驚きました。 ・人数が多い中でのユニゾンが綺麗なのが印象的でした。 【則武諒先生 ドラムス】 ・「(この合唱団は)面白い」です。年齢層も幅があり色んな方々がいらっしゃって、面白い合唱団だと思いました。声のブレンドが面白い(良い)感じで綺麗でした。 素敵な演奏と嬉しい言葉をありがとうございました。本番でもどうぞ宜しくお願いいたします。 そして、客席の皆様に素敵なJazzyな時間を一緒にお届けしたいと思います。

「まず第一に健康維持」「ラストスパート、頑張ろう!」etc (実行委員長より)


102回の閲覧
  • Twitter Clean
  • w-facebook
  • w-youtube
  • w-flickr