8月7日(火) 練習日誌 〜男前に〜


◆出席=28名/欠席=12名 ◆練習内容 18:20〜18:50 パート練習 :アルト 18:50〜 体操、発声、ハーモニーの練習 19:00〜20:40 #Laudate Dominum(ホルンボー) 全曲(第1曲目~第3曲目)(混声) #八木節 音取り(混声) #かなしみはあたらしい(信長貴富)の第2曲目~第3曲目まで通し(混声) 20:40〜21:00

#組曲「雨」より第6曲「雨」(多田武彦)音取り #斎太郎節(宮城県民謡、竹花秀昭編曲) 音取り(男声)

# Zum Sanctus‐Heilig,heilig,heilig( シューベルト「ドイツミサ曲」より)音取り# ◆感想ひとこと ・Ludate dominum 輪っかになって第2弾 言葉のイントネーションを意識してと、箕輪先生にご指導頂きました。アンフィリブスレ♪ アンクシィーァートゥール〜♪ 言葉は伝わるよう大切に発音しましょう、ですね。 無伴奏の曲であり、相変わらず Ⅰ、Ⅱ 、ⅢのうちのⅡが極めて難しいです。 両隣になったテナーとバリトンのパートを感慨深く聴きながら歌っているとついつい1音違うバリトンに釣られてしまいました。(汗) 「あっ間違った(汗)」と呟く始末です(・_・; 「自分をしっかり持って〜」と箕輪先生も仰しゃいます。 輪っかになっての練習は、自分をしっかり持てる近道だと思います。

・「八木節」は“おいでなすって”的な威勢の良いとても格好良い曲です。 内声同士(テナーとアルト)仲良くしてね、ハーモニーを感じてください、そして、テナーは少し控えめにアルトは男らしく格好良く!と言われ、アルトの皆さん、ここぞとばかり男前に歌いましたとも! (笑) 三角野郎、四角四面、さなごおり、等々、歌詞も特別で良いです!

(いしい)


49回の閲覧

最新記事

すべて表示

CIEL東京室内楽団さん「アートにエールを!東京プロジェクト」

この秋、モーツアルトのレクイエムの演奏会にお力添え頂く予定でした、CIEL東京室内楽団さんからのメッセージをご紹介いたします。素晴らしい演奏をどうぞご覧ください! ★★★★★★★★★★★★★★★★★ 東京都芸術文化活動支援事業「アートにエールを!東京プロジェクト」に、CIEL東京室内楽団 が参加しました。 自粛期間中、音楽を通して大切なものを皆様にお伝えすべく思案を重ね、編曲・演奏・撮影・録音・編

  • Twitter Clean
  • w-facebook
  • w-youtube
  • w-flickr