St. James Infirmary

「緊急事態宣言」で外出自粛が続いていますが、皆さんお元気でお過ごしですか。

ヒマなので、本でも読んでみようと、最近、話題になっている

カミュの「ペスト」を電子書籍で取り寄せて、読んでみました。

舞台は、北アフリカ、アルジェリアの港町。

いきなりペストの流行が始まって都市が閉鎖になってしまう、

その不条理な状態に置かれた人々の多様な対応が描かれています。

今回の COVID-19 による都市封鎖を連想させて、人気になっているそうです。

めんどうなテーマなのに、文体にも惹きつけられて、一気に読んでしまいました。

オリジナルはフランス語ですが、もちろん翻訳です。

それはさておき、登場人物のひとり、新聞記者のランベール(Rambert)が、

あるバーで、そして、自分の部屋でも、繰り返し繰り返し聴いている曲が、

「セント・ジェームズ・インファーマリ」なのです!

「そんなに好きなんですか、これが?」

「そうじゃないんですがね、なにしろこれしかもっていないんです」

しかし、場面にピッタリの感じがしました。

なにしろ「ぼくを 埋めるときには‥‥」歌って欲しい、という曲なのですから。

ジャズのスタンダード。ルイ・アームストロングの他、いろいろな人の歌が、YouTube で聴けます。

なつかしい浅川マキも歌っているそうです。

見つけたのは、他の人のカバー版でしたが。

「セント・ルイス・ブルース」は有名ですが、それに劣らない曲、

どうぞ一度お聴きになって下さい。

ヒゲタカ



閲覧数:85回0件のコメント

最新記事

すべて表示

新宿合唱祭「初夏に歌おう」の写真の注文を取ります、ということで、どれどれと見本を見せていただいて愕然とした。半世紀以上生きてきて何をいまさら感は半端ないのだが、自分は猫背だ。気づいていなかったわけでもないが、ついこの間も、10年越しの付き合いになるセラピストさんから、あらためて何十回目かの指摘をされた。両肩が前に落ちてしまって、首が前に突き出している。歌うことに集中すると、気持ちが前のめりになるの