top of page
  • あね

『めぐりあう時間たち』METライブビューイング

大好きなレネ・フレミングがメトロポリタン・オペラ、METに帰ってくるだけでも驚きだったのに、ジョイス・ディドナート、ケリー・オハラと共演する新作オペラだなんて、はじめて知った時には狂喜乱舞しました(心の中で)。


原作の翻訳本を手に入れ、Audibleで英語を聞き、アカデミー賞を受賞した映画版も見ました。残念ながらコロナ渦でもあり、仕事が忙しいタイミングでもあって、ニューヨークに行くことはかないませんでしたが、ライブビューイングのおかげで、しっかりと堪能することができて、ほんとうに嬉しい。


三人の歌唱、演技もさることながら、他の共演者もハイレベルです。演出、合唱、舞踊、衣装、照明、とにかくすべてがかみ合って、精神性の強い原作の世界を壊すことなく、新しい命を吹き込むことに成功していた、などという陳腐な表現しか思い浮かばない自分が悲しいのではありますが、感動した勢いで書き殴っているのでご容赦を。とにかく素晴らしかったのでぜひ一人でも多くの方に映画館に足を運んでいただけたらうれしいです。


お帰りなさい、レネ。またMETに出てくれますよね? 次も楽しみに待ってます!




コール・クライス特別演奏会

2023年4月30日(日)午後2時 新宿文化センター大ホール

モーツアルト・レクイエム

新しい歌 信長貴富

全席自由 ¥2,000

詳しくはコールクライスHP https://www.chorkreis.com/

チケットは peatix イベントページからもお買い求めいただけます。

閲覧数:67回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page