top of page
  • あね

メトロポリタン歌劇場、ウクライナ支援コンサートでモツレクを演奏

ロシアのウクライナ侵攻から一年が経った。戦争の長期化が懸念されるが、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場(通称メト)のウエブサイトによれば、来る2月24日(金)現地時間午後7時から、同歌劇場と、リンカーン・センター、国連ウクライナ政府代表部の共催で、支援コンサートが開催される。チケットは50ドル。


とは言っても、そう簡単に日本から聞きに行くわけにもいかないが、日本からもメトのウエブサイト https://www.metopera.org/ から、ライブストリーミングで聴くことができるようだ。(日本時間では25日(土)朝9時からとなる)。


出演者は、メトの音楽監督ヤニック・ネゼ=セガン率いるメトロポリタン歌劇場管弦楽団、同合唱団、ソリストは、ソプラノのゴルダ・シュルツ、メゾソプラノのエミリー・ダンジェロ、ウクライナ人テノールのドミトロ・ポポフ、ウクライナ人バスバリトンのウラディスラフ・ブヤルスキー。


気になる演目だが、モーツァルトのレクイエム、ベートーベン交響曲第5番、ウクライナ国家、ヴァレンティン・シルヴェストロフの「ウクライナへの祈り」が予定されている。


メトは、昨年3月にも支援コンサートを開催、この時のソリストは、ソプラノのリーゼ・ダヴィドセン、メゾソプラノのジェイミー・バートン、テノールのピョートル・ベチャワを含む豪華メンバーで、第九のフィナーレの部分などが演奏された。同歌劇場合唱団とブヤルスキーのソロで、ウクライナ国家が演奏されて、日本のメディアでも報道されたのを記憶している人もいるのではないだろうか。YouTube へのリンクは -> https://youtu.be/8_JNAQo4xHo


厳しい冬の寒さを耐えながら、戦い続けるウクライナの人たちを、私たちも支援する気持ちを日々あらたにしていかなければとあらためて思うのであった。


(あね)


コール・クライス特別演奏会

2023年4月30日(日)午後2時 新宿文化センター大ホール

モーツアルト・レクイエム

新しい歌 信長貴富

全席自由 ¥2,000

詳しくはコールクライスHP https://www.chorkreis.com/

チケットは peatix イベントページからもお買い求めいただけます。

閲覧数:71回0件のコメント

最新記事

すべて表示

中野区民合唱団の演奏会 カール・ジェンキンス「平和への道程」の感想

団員からのお誘いがあり、2024年1月27日(土)、中野区民合唱団の「第28回 定期演奏会」 へ行って参りました。会場はなかのZEROホール 大ホール。他にも沢山のコール・クライスの団員が来ていました。 第二ステージのカール・ジェンキンス「平和への道程 The Armed Man - A Mass For Peace-」が本命で、私達もリニューアルした新宿文化センターでの演奏を予定しており練習

Opmerkingen


bottom of page